FC2ブログ
in スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in 息子のいじめ体験記

【第3話】 親の目の届かない所で起こる事。学校は子どもたちの世界。

-0 COMMENT
第2話のお話は、少しずついじめの予兆が見え始めてきたお話でした。


【第2話】
始まったいじめは、地域性によるもの??転校先で起こったこと








でも、親が分かるのは、自分の子どもが話す内容のみです。


親はどこまで子どもの話を信用し、どこまで対応すれば良いのでしょうか?


私にとっては大変難しい問題でした・・







【第3話】
親の目の届かない所で起こる事。学校は子どもたちの世界。





学習机



12月のある日、息子がただいまも言わず帰ってきました。






いつもなら、おやつと来るのに、おやつの催促にも来ない・・






(変だな・・)






と思い、息子の部屋に行くと、息子は見当たらないけど、すすり泣く声が聞こえる。






机の下を除くと、息子がうずくまって泣いていた。






分かりやすく表現すると、某俳優さんのハウジングホームのCMです(^^;






「天井が高いっていいよなぁ・・」

(嘘つき・・)






ってあの状態です・・






今だからこうやって笑って言える表現ですが・・






その時はただ事ではないと思い、尋ねても息子は泣いてるだけで何も言わない・・







待つこと数十分・・顔を上げて、ようやく重い口を開いてくれました。







要約すると、体育の時間に仲間外れにされたとのこと。






いじめに近い事が始まっていた息子でしたが、それでも仲の良い4人グループの中に入れてもらっていたようです。






だけど、その中の1人が







「○○(息子)を仲間外れにしようぜ」







と言うと、他2人も賛同したと言う。







ただ、本人は元来説明が下手くそなので、いまいち内容がつかめない。







だけれども、こうやって傷ついていることは事実。






そして、【第2話】でもお話しした通り、あだ名を付けられるなど、色々傷つく事を言われていましたので、どこかに相談しようと決めました。






どこに電話しようかと悩んでいたところ、学校から貰った用紙を思い出しました。






連絡先は、市の相談所で、用紙には







「辛い時、苦しい時、いつでもご相談ください」






とそのような記載があったかと思います。






電話すると、丁寧に聞いて下さり、最後に







「また状況を伺いたいので、お母様のご連絡先をお教えいただけますか?」







と言われたので、私の携帯電話をお教えしました。







けれども、残念なことにその後一切、連絡はなかったですね・・






どこに電話したか記憶になく、ちゃんとメモしておけば良かったと思いました・・







その後、学校にも状況を確認しておきたいなと思い、その当時の担任の先生に話を聞いてもらいました。







先生は、4人に何があったか状況把握して下さいました。







その結果、そのような状況に陥った一番の原因は





息子がお友達を、息子の水筒で殴ってしまったこと







その結果、息子は仲間外れにされたのです。






まさか、息子が元凶だったとは・・






でも、なぜ息子は殴ってしまったの・・?







息子は普段は穏やかなのですが、少しキレるとカーッとなってしまうタイプなのです。






でも、よっぽどのことがない限り、水筒で叩くなんて・・






親としてはそんな気持ちもありました。






でも、結局そのお友達にも、そのお母様にも謝る事が出来ず、何も出来ず終わってしまいました。





こんな時どうしたら良かったのか・・

どうすべきだったのか・・





その時の私はどう動くべきだったのか分かりませんでした。







でも、息子のしたことは許されないこと。






謝りに行ってお話ししていれば、何か変わっていたのでしょうか・・?






今更こんなこと後悔しても仕方のない事ですが・・






ただ、先生も 結果息子が悪い という事で話が終わってしまったので、実のところ、若干モヤモヤした・・というのが心境でした。






殴ったのは息子。






だけど、何故殴ったのか?






そこはうやむやのまま終わりました・・






でも、手を出してしまった息子が悪いのも事実。






それ以上、状況も把握できず、対応も出来ずに、時は過ぎていきました・・・・






第4話では、息子がそのような状況の中、親として何が出来るのか・・模索していました。


すると、とある中学校の存在を発見し、中学受験を決意するのです。


【第4話】
息子の中学受験を決意!公立の中高一貫校とは?






関連記事
0
  • Share

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。