FC2ブログ
in 息子のいじめ体験記

【第7話】 転校は逃げる事ではない。それぞれにあった解決方法を

-2 COMMENT
第6話では、信頼していたAくんに裏切られる結果となってしまった息子。

そんな息子を目の当たりにしながらも、なかなか転校に踏み切ることの出来ない私がいるのでした・・

【第6話】
息子の気持ちを落胆させた頼みの綱Aくんの一言






そして、その当時、息子の上の学年の6年生は、大変荒れていました。

そんな大変な時期、6年生の子を持つ役員さんと話をする時間があったのです。






【第7話】
転校は逃げる事ではない。それぞれにあった解決方法を








私が知る限りですが、





先生の言う事を聞かない

「死ね!ウザイ!」などの暴言

授業の途中で出ていく

たまりかね、親が授業に同席するも、親子喧嘩が始まる






と言った、大変なものでした。








もちろん、全てのお子さんがそうだった訳ではありません。







授業も授業にならず、真面目なお子さんは大変可哀想な状況だったと思います。







この状況をPTA本会としては黙って見過ごす事は出来ません。







そのため、月1回の役員会は、夜11時を過ぎる事もしばしばでした。







役員6名の内、6年生の保護者は4名がいらっしゃったことも大きな点だったと思います。







話し合ってもなかなか解決の糸口が見つからない・・そのような状況でした。







そんなある日、学校の行事を1人の女性役員さんとペアになって、お手伝いする事になりました。







この方は6年生の保護者のお1人です。







お手伝いしてる中で、最近の学校に関する話題となりました。







女性役員さん「6年生の○○さん、転校したのよ」







私「それは辛い選択でしたね…」







女性役員さん「悪さする子達と同じ中学校に行きたくないから、中高一貫校を受験する子もいてね…」







私「…そうなんですね…」







この時はまだ、誰にも息子の事は相談していませんでした。







第5話で、1度何となく事情がバレた女性役員さんがいましたが、それ以降話はしていませんでした。


第5話の記事はコチラです↓↓
大変だけど入った意味があったPTA本会






女性役員さん「いじめや嫌な子がいるから、転校するとか違う学校行くとか、違うんじゃないかなぁと思うのよ」







私「そう…なんですかね…?」







女性役員さん「うん~、私は逃げてはいけないと思うんだ」








私「…」







私はそれ以上何も言えませんでした。



自分自身で



その女性役員さんが間違ってる事を言ってる、とは思いません。







でも、転校や違う学校を選択することが間違いだとも思わないのです。







転校する事は、決して簡単な事ではなく、物凄く労力を必要とする事です。







また、受験するという事も、本当に大変な事です。







世の中に、これが正しいという答えなんて無いと思います。






自分自身で道を選択し、結果、






この道を選んで良かった






そう思える事が大事だと思います。






もし、今この道が正しいか悩まれておられる方がいらっしゃるなら、







ご自身が正しいと信じる道を迷わず進んで下さい








そうすれば、必ず道は開けます








私はそう思うのです・・









第8話では、Bくんが落とした給食着を息子は拾ってしまいます。

その時、Bくんの反応は?そして、親御さんはどのように思われたのでしょうか・・?

【第8話】
【小学校5年生】Bくんの落とした給食着を拾ってしまった息子






関連記事
2
  • Share

2 Comments

There are no comments yet.

なごみ  

転校は逃げ ではない!

息子さまの お話 身をつまされる思いで読ませて頂いています。

いじめは時々テレビで取り上げられ 大きな事件のように扱われてしまいますが このような事は 日常に起こっているのでは ないでしょうか。

子どもでも 好き嫌いあるのは当然でそれを踏まえて 人との関わりを教えていかなければいけないのでは と 考えます。きれい事を並べ 臭いものに蓋 のような 今の大人達の中で過ごすのは 本当にしんどいですよね。

そんな中なら転校は逃げではない。
親がしてあげられるのは 安心して過ごせる場所を作ってあげることですよね。
学校がそうでないのなら 違う場所を作ってあげることが 親にしかできない事だと思いました。

2018/06/28 (Thu) 18:59 | EDIT | REPLY |   

hahako  

なごみさんへ

コメント有難うございます。

当時、自分たちがおかしいのではないか・・
そのように苦悩したこともあります。
最後には校区外転校させましたが、もっと早くしてあげればよかったと思っています。

子どもが安心して過ごせる場所作り。
正しくそうだと思います。

全ての子どもたちにとって、学校がより良い場となることを願うばかりです。

2018/06/28 (Thu) 20:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment