FC2ブログ
in スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in ブログまとめ

【目次】 ≪ 1話-15話 ≫ いじめを乗り越えて今がある~母と子の軌跡~

-0 COMMENT
いつも沢山の方にブログをお読み頂き、心から感謝申し上げます。





RKG_0001.png



コチラでは、≪ 1話-15話 ≫までのお話を掲載しています。



【目次】


【第1話】
【小学校3年生】転校・・これが息子のターニングポイントでした

前の小学校を転校する前、お友達と別れる寂しさもありつつ、

新しい小学校でも沢山お友達を見つけるんだという期待に胸を膨らませて

転校をすることになったのですが・・



【第2話】
【小学校3年生】始まったいじめは、地域性によるもの??転校先で起こったこと

転校してすぐは何も問題なく通えていた息子ですが、

少しずついじめの予兆を感じさせる出来事が起こり出すのです・・


【第3話】
【小学校4年生】親の目の届かない所で起きること。学校は子どもたちの世界

親が知りうることは結局のところ、子どもが話すことのみ。

その子どもが話す内容で、親はどのように対応していけば良かったのか・・

私にはとても難しい問題でした・・


【第4話】
【小学校4年生】息子の中学受験を決意!公立の中高一貫校とは?

息子の状況を変えたい・・

地域の中学校にこのまま通って大丈夫だろうか・・

そんな思いの中、公立の中高一貫校を見つけ、中学受験を検討するのです。


【第5話】
【小学校5年生】大変だけど入った意味があったPTA本会

入った当初はやることも多く、引き受けたことを後悔したPTA本会役員でしたが、入った意味はすぐにあらわれるのです。

そして今では、心の底から入って良かった・・そう実感しています。


【第6話】
【小学校5年生】息子の気持ちを落胆させた頼みの綱Aくんの一言

息子には仲良くしたいAくんがいました。

Aくんに転校することを伝えたら、止めてくれるのではないだろうか・・

そう期待して賭けに出たのですが・・


【第7話】
【小学校5年生】転校は逃げる事ではない。それぞれにあった解決方法を

いじめや不登校で転校することは間違いでしょうか?

何が正解なのかは誰にも分かりません。

この道を選択して良かった・・そう思える事が大切なのではないでしょうか・・?


【第8話】
【小学校5年生】Bくんの落とした給食着を拾ってしまった息子

Bくんが落とした給食着を拾ってあげたのに、

俺が拾ったってバレたくない・・

そんな風にしか思えない息子が不憫でなりませんでした・・


【第9話】
【小学校5年生】ゲームは友達と繋がるための最後の砦

ゲームは使い方を間違えなければ、脳に良い影響を与えます。

ですが、当時の息子の使い方は本当に間違ったものでした。

だけど、そこまでしてもしなきゃいけない状況に陥ってしまっていたのでした・・


【第10話】
【小学校5年生】息子が自ら命を絶つかもしれない恐怖~前編~

息子の今までの苦しい気持ちを、どうにかして誰かに分かって欲しかった・・

その一心で起こした事件だったと思います。


【第11話】
【小学校5年生】息子が自ら命を絶つかもしれない恐怖~後編~

今までなかなか話せなかった息子の事。

この事件をきっかけに、同じ役員さんに相談できるようになりました。

辛い事件ではありましたが、相談出来る方がようやく見つかったのです・・


【第12話】
【小学校5年生】自殺未遂は何かあった内に入らないの?主人の放った一言に愕然

役員さんとお2人と入れ違いで帰ってきた主人に起きたことを全て話しました。

話し終えた後に、主人から放たれた言葉に私は愕然とするのです・・


【第13話】
【小学校5年生】子どもは親を必要とし、またその親も誰かの支えが必要

辛く苦しい時、きっと誰にでも支えになってくれる人がいると思うのです。

子どもを支えている親にも、支えとなってくれる方が必要なのです。


【第14話】
【小学校5年生】何か解決の糸口は無いかと突破口を模索して・・

【第10話】で息子を止めに入ってくれたお友達のお母さんから、何か突破口を見つけられないかと相談に伺います。

この状況と何とかして私は打破したかったのです・・


【第15話】
【小学校5年生】話し合いの後に見えてきたAくんBくんの家庭像

話し合いがなされた後にどのような対応されるのだろうか・・

AくんとBくんの保護者さんの対応は、それぞれ異なるものでした。




16話以降のお話はコチラからどうぞp(*^-^*)q

【目次】 ≪ 16話以降 ≫ いじめを乗り越えて今がある~母と子の軌跡~




関連記事
0
  • Share

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。