FC2ブログ
in スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in ブログまとめ

【目次】 ≪ 16話-30話 ≫ いじめを乗り越えて今がある~母と子の軌跡~

-0 COMMENT
いつも沢山の方にブログをお読み頂き、心から感謝申し上げます。





RKG_0001.png



コチラでは、16話以降のお話を掲載しています。

1話-15話の目次はコチラです
【目次】 ≪ 1話-15話 ≫いじめを乗り越えて今がある~母と子の軌跡~



【目次】




【第16話】
【小学校5年生】「生きててよかった」その一言に救われる

親子共々気持ちのやり場がなく、苦しい気持ちを抱えていました。

だけど、息子が生きてることをよかったと思ってくれている人がいる・・

本当に感謝しかありませんでした。



【第17話】
【小学校5年生】再び主人を輪に入れる事に失敗・・もう頼るのはやめよう

一度主人に頼る事を諦めた私は、もう一度トライしてみます。

ですが、結局後悔することとなるのです。



【第18話】
【小学校5年生】死を目の当たりにしなければ何も分からないの?悲しい一言

苦しい思いを抱えながらも頑張って学校へ行く息子に

更なる追い打ちをかける出来事が起こるのです。



【第19話】
【6年生】息子には逃げ場が必要。不登校の子が通う支援教室を発見

いよいよ息子は6年生になります。

息子にとって一番良い方法は何だろうか・・

そう考えて調べていたら、とある支援教室を発見しました。



【第20話】
【小学校6年生】支援教室へ見学に。卓球をする息子の笑顔にホッとする

支援教室へ入るために私たち親子は見学に行きます。

本当に息子にとって、最適な心の逃げ場になるのではないか・・

とても良い印象を抱きました



【第21話】
【小学校6年生】なぜ支援教室に通う手続きが進まない?学校側の思惑とは・・

1日も早く通わせたい・・

その願いはなかなか叶う事はありませんでした。

その裏側には、学校側の思惑があったのです。



【第22話】
【小学校6年生】校区外転校を決意!もう息子も私も我慢の限界

支援教室に通う手続きが進まない中、

とうとう息子が我慢の限界に達しました。

もう無理だ・・そう思い、校区外転校を決意するのです。



【第23話】
【小学校6年生】校区外転校を進めるべく校長先生に直談判!

担任の先生にお願いしても話は進まない・・

そう感じた私は、直接校長先生に会いに行くのです。



【第24話】 
【小学校6年生】市の教育課の対応に衝撃!中学受検に奮起するきっかけに

ようやく校区外転校が進み、その書類を書きに市の教育課の対応に衝撃を受けます。

でもそのおかげで、受検を頑張ってやろう!そう奮起出来たのです!



【第25話】
【小学校6年生】涙涙の運動会。息子の再出発に向かって

いよいよ校区外転校前の小学校の行事、運動会が行われました。

本当に息子は頑張っていました。

私は涙が止まらず、自問自答を繰り返すのでした・・




【第26話】
【小学校6年生】息子には思ってくれる人が沢山いた・・転校を決めて分かったこと

その時は気づくことのできないことってあると思います。

私たちは、転校を決めた後に、思ってくれる人が沢山いたことに気付くのです・・




【第27話】
【小学校6年生】 転校先へ初登校。温かく受け入れてくれた先生方に感謝

転校先へいよいよ初登校をします。

不安もありましたが、温かく受け入れていただき、ホッとするのでした。




【第28話】
【小学校6年生】転校先は送迎必須。タクシーで登校?

転校先は、安全面を考慮し、親が必ず登下校をすることが必須でした。

そのため、ある問題が浮上するのです・・




【第29話】
【小学校6年生】悲しい学習発表会。まだ癒えてはいなかった心の傷・・

転校先で少し表情の明るくなった息子。

「(前の小学校の)学習発表会を観に行ってみようかな・・」

親としては不安に思いつつも、連れていくのですが・・




【第30話】
【小学校6年生】頑張った中学受検。届いた受検結果は・・

小学校4年生の終わりから約2年間通った塾。

頑張ったと思いますし、その努力は決して無駄ではなかったと思います。

その受検結果は・・





今後もお話はまだまだ続きますので、お楽しみしていただければと思います。


宜しくお願いします。


関連記事
0
  • Share

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。