FC2ブログ
in 息子のいじめ体験記

【エピローグ】 苦悩を乗り越え、そして息子は前を向いて歩いていく

-0 COMMENT
 
現在中学校2年生になる息子。


片道1時間半の通学には慣れました。


母も朝5時起きのお弁当作りにも慣れました。


部活はバスケットボール部に所属し、筋肉もついてきました。


いよいよ母の身長を追い越しそうな勢いのそんな息子です。


お友達関係では、時々何かあるものの、さして気になるほどのことでもありません。


先日の文化祭で、息子はこんな詩を書いていました。




新緑




僕と君

この先は楽しくなるかもしれない

あるいは楽しくないのかもしれない


僕がこうすれば楽しくなったのかもしれない

僕がこう思えばケンカしなくてすんだのかもしれない


僕から見れば楽しい会話

君から見ればどうでもいい会話


僕と君は考えが違うし

違う未来がある






息子の中でも、少しずつ当時のことを客観視できるようになったのかなと思います。



ああすれば良かったのかも・・


こうすればうまくいったのかも・・




そういった後悔が見え隠れしつつも、



最後は、僕と君は違う未来があると前向きな姿勢になっています。






息子の人生はまだまだこれから。



始まったばかりです。



息子は辛い思いをした分、人の痛みが分かる子に成長してくれたと思います。



短気なところはなかなか直らないようですが・・



それでも、相手のことを思い、行動できるようになったこと。



本当に良かったと思います。








そして、2年生になって、お友達から



「1年の時と比べて明るくなったね!」



と言われたようです。



担任の先生にお話を伺うと、とても明るく、お友達も多いとのこと。



小学校卒業して1年が経過し、転校する前の息子に戻ってきました。



息子は、もっともっとお友達を増やしたい。



そんな希望に満ちあふれて、息子は日々を過ごしています。









越えられない壁など決してありません。



きっとその時は辛くても、乗り越えた先に成長した己を見る事が出来ます。



乗り越えた経験をした人は本当に強いです。






私も時々苦しくて、辛くて、投げ出したくなる時もあります。



ですが、これを乗り越えたらきっとまた私は強くなれる・・



そう信じて、前を向いて歩き続けるのです。












どうか、今も尚苦しんでおられる方を、勇気づけられるようなブログとなりますように…






関連記事
0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment